講談社の中途採用!転職成功の秘訣とは

Image Replacement

転職する時に今の現代の常識は転職エージェントを利用すること

転職の今や常識となっているエージェント活用

転職エージェントを使えば、転職はカンタンという常識を御存知だろうか

当サイトで一番のオススメはDODA。


DODAの詳細はこちらから


転職する時に最近は企業も採用コストや手間を省くためにエージェントを利用する。
企業側のメリットは、望む人材を素早く補充ができること。

転職市場は非常に流動性が高く、人材探しが難航するような業界が活用する傾向がある。
特に、最近は技術職の人材がほとんどいないという企業が悲鳴を上げている。

その理由としては、景気が良くなってきているということ。
人が足りない業界が増えていることが一番のポイントだろう。

非公開案件などでとにかく、人材を面談のみで済ませて採用する事例が増えている。

それを考えると、転職したい側も利用しない手はないだろう。

主な転職エージェントのメリット

DODAを事例としてご紹介をしていく。

まず、転職エージェント企業は費用をすべて企業から徴収する。
優秀な人材を紹介することで報酬をもらうのだ。

採用する企業側も、広告を打つことや面接をする手間。
さらに、できるだけ望む人材に近い人が来てくれるのでメリットが大きい。

つまり、転職したい人の費用は無料なのだ。 登録するだけで後は特に、問題はない。

転職エージェントは強引な転職を促さないので安心



転職エージェントは基本的に強引な転職を促すことをしない。
最大の理由は、転職をして条件が下がるようなことはさせないということだ。

転職をしたは良いが、結局給与や条件が前の会社より悪いということは避けたいのだ。
恨まれること、苦情などの誘発に繋がる。

転職エージェントが一番肝心な部分として、企業と転職希望者が満足をする結果を出すということだ。

在職中に代行してくれるのがエージェント

在職中の転職活動ができる。
やはり、一旦退職をして転職ができると思ったらできない。
このようなことになると、不利だ。

正社員だろうが、派遣だろうが今の仕事で収入がある以上それを維持しつつ転職をしたいものだ。
だが、通常在職中でも相手企業は平日に面談をするように運ぶ。

ここが特徴で、在職中で優秀な社員ですと転職エージェントが相談をすると土日など面談日を配慮をしてくれる。
これにより、会社を有給休暇を取って休む必要はありません。

また、退職するタイミングもできるだけ話をしてくれます。
おそらく、サラリーマンにとっては一番怖いのこの点。

退職をしたいと言って、なかなか辞めさせてくれない。
また、転職活動がバレて会社から怒られる。

こういったことを回避したいはずです。

給与や勤務条件を事前に通告してくれる

転職の動機は次の二つが多いのではないだろうか

1 憧れの企業や業種へ転職をしたい
2 給与や条件がアップする企業へ行きたい

この部分がもっとも大きなポイント。

そして、これをエージェントは代行して交渉をしてくれる。
その話を持ち帰り、転職希望者に判断材料を提示する。

イメージとしてやサッカーや野球のようなスポーツの代理人。
こういったエージェント活用というのは実に合理的なのだ。

給与や勤務条件を事前に通告してくれる

DODA

非公開案件なども多く、転職希望であればマンツーマンで履歴書の書き方まで指導をしてくれる
特に、大手であるためにマスコミや上場企業なども多い。
キャリアを積極的にアップをさせたいと思っているならDODAがおすすめ